ビガーブライト

ビガーブライトに関する情報を更新していくブログです
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    水素水の選び方
    0

      水素水も最近はいろいろな物が販売されるようになりました。
      それだけ、注目を浴びるようになったからでしょう。

      でもそれだけにどの水素水を選べば良いかわからなくなってしまっている方も多いのでは?
      ここでは、水素水の選び方についてまとめてみたいと思います。

      【水素の溶存率】
      まず一番大切な事は水素の溶存率です。
      そもそも水素は水の中に存在しにくい物です。

      そして、また、溶け込むにも限界があります。
      水素の溶存率の限界は1.6ppm。

      ただし、何もしないでこの状態を維持することはできません。
      溶けた水素は短時間で自ら抜け出してしまうからです。

      その為に、溶存させた水素をどのように維持するか?
      その溶存率が非常に大切です。

      【容器】
      先程もお話したように水素はすぐに自ら抜け出してしまいます。
      ですから、容器には抜け出さないように工夫がされていないと意味がありません。

      おすすめはアルミでパウチされた容器です。
      これだと水素を閉じ込めることができます。

      ペットボトルで販売されている物もありますが、これではほぼ水素は溶存されていない思って良いでしょう。

      【水素以外の成分】

      最近は水素だけではなく、抗酸化作用のある成分を一緒に溶存させている物があります。
      おすすめは「シリカ(ケイ素)」が含まれている物です。

      シリカは美しい肌や爪、骨などに必要な美のミネラルとも言われています。
      シリカは自然界に存在する身近なミネラルですが、体内で作ることができず、外から摂取するしかありません。

      ですから、水素水として一緒に吸収できるなら非常に効果的なミネラルと言えます。

      【おすすめの水素水は?】
      これらの事を考慮して選ぶとこちらの水素水がかなりおすすめです。

      ⇒ 高濃度ナノ水素水「ビガーブライト」

      溶存率も最高値、アルミのパウチなので抜け出ることもありません。
      また、シリカを含んだ美容に優れた効果を発揮する水素水です。



       
      | mt2514 | 水素水 | 19:46 | comments(0) | - |
      + PICK UP
      + SELECTED ENTRIES
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + PR